人生の最後を自分で決める|墓石と葬儀プランは早めの備えを

蝋燭

安くすることも出来る

数珠

葬儀費用が安ければ恥ずかしいのか

葬儀はその家だけが執り行うものであり、亡くなった身内を野辺送りするという厳粛さが重きを占め、そのため葬儀の規模で世間の評価が分かれるものです。 葬儀の規模を決定するのは言うまでもなく故人の遺族です。葬儀費用を安く上げたいというのであれば、価格の大半を占める祭壇料や棺にこだわらなければ費用を大幅に削減できます。その葬式での豊かさを披露する目安は、祭壇は何段になっているかとか、高価な棺を使用しているかなどで世間は評価します。遺族はそれを意識せざるを得ません。 祭壇の大きさや高価な棺を使用するということは、世間体を気にかけたり見栄を張ったりする遺族の問題でもあります。世間体が気にかからないというのであれば大幅に葬式の費用は、削減することができます。将来に備えて必ず必須となる墓石もチェックしておきましょう。墓石は質によって価格が大きく異なります。

遺族の見栄と、世間体を気にする気持ち

上で世間体を捨てれば葬儀費用は削減できると書きましたが、恥ずかしくない葬式とはいったいなんなのだろうかと考えるとき、やはり遺族には世間体という考えがまとわりつきます。結局遺族が世間一般に対する過度の思い過ごしを認識しない限りは葬儀費用の削減というのは難しいことかもしれません。 遺族の恥ずかしさが、故人に向けたものではなく親類や関係者を含めた社会一般に対するものとして付きまとう限りは、世間に対して恥ずかしくない葬式をあげて、なおかつその費用をできるだけ安くするということはやはり難しいことかもしれませんね。 故人を心から忍びつつ、残されたものが野辺送りするという葬儀は、決して遺族の見栄や世間体による自己満足のための集まりではないということを、考えるべきだと思います。

スタイルも違う

墓地

個人で生活スタイルが違うように、今の時代は葬式もそれぞれスタイルが異なるようになりました。選択肢も増え、自由になったことから様々な式が執り行われています。事前準備も今後重要性を増すことでしょう。

詳細

ショップで購入できる

フラワー

葬式の時に使用されることが多い数珠は、その必要性の高さに100円ショップでの購入も可能になっています。また、ピンからキリまでありますので形や色などを見ながら検討していきましょう。

詳細

石を購入するコツ

墓

墓石の価格は高く、購入の際にはトラブルがおきやすいものです。国産と偽られ、外国産の品質の良くないものを買わされたり、設置費用が思わぬ高額になってしまったりと言う事例もありますので気をつけましょう。

詳細